トップ> 頻尿ガイド > 頻尿治療に使われる薬とは?

頻尿治療に使われる薬とは?

頻尿治療に使われる薬とは?

抗コリン薬はアセチルコリンの活動を抑え、膀胱の筋肉の収縮を抑え、多くの尿を溜め込むことが出来るようになります。

トイレに行きたいと思っても、直ぐに強い尿意を感じる事も無く、少しの時間なら我慢できるようになります。

もうひとつ頻尿の薬として利用するのが、β受容体刺激薬です。βアドレナリン受容体に働きかけ、尿道のしまりを良くします。

その外漢方薬を利用した治療薬や、排尿を我慢して尿を溜め込む訓練をする治療方法などがあります。

最近では尿漏れは病気だと言う認識が高まってきたため、薬局などで購入できる頻尿対策の薬も売られています。

ハルンケアという商品は、生薬を利用した治療薬ですから、体に優しく働きかけ頻尿だけでなく、残尿感や尿の出が悪いなどオシッコのトラブル全般に効くようになっています。

膀胱炎など細菌の炎症などが問題となっている場合には、抗生物質が処方されます。

頻尿の薬は1週間程度で治療する事が可能ですが、注意したいのは膀胱炎を起こしやすい生活習慣です。

サービス業など一定時間トイレにいけない職業の人は膀胱炎になりやすく、繰り返し再発を繰り返してしまうのです。

何時間もその場を離れられない状況がある場合は、健康を保つためにも問題となりますから、一定時間内にトイレに行ける環境を作ってもらうようにしましょう。

また、トイレに行きたくなったら気兼ねなく他の人に変わってもらう環境作りも必要です。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー