トップ> 頻尿ガイド > 頻尿の薬 その2

頻尿の薬 その2

頻尿の薬.jpg

前回、頻尿の薬その1で、頻尿の薬には抗コリン薬があるというお話をしました。今回も抗コリン薬を紹介しますが、前回とはまた違った種類として「抗コリン薬-2」を紹介します。

同じ抗コリン薬でも大きな違いは、開発時期にあります。これまでの抗コリン薬は便秘や口の渇き、まぶしさに敏感になるなど、少なからず不快な副作用が存在しました。

そのため、膀胱にだけ効き、ほかの器官への影響を最低限にした薬の開発が続いていました。

新しく開発された薬にはベシケアやデトルシトールという名前のものがあり、徐々に前回紹介したポラキスやバップフォーなどに代わって処方される機会が増えています。

副作用の低さから、身体が弱い人や高齢者など、これまで頻尿の薬を選べなかった人が試す機会も増えています。

ただし、抗コリン薬全体に共通することとして、依然として前立腺肥大による頻尿には原則使用禁止となっています。前立腺肥大の場合は、α受容体遮断薬が優先となっています。

抗コリン薬は膀胱周りの筋肉を緩め、尿道を収縮させる作用があるため、ただでさえ前立腺で圧迫されている尿道を細め、尿閉のリスクを高めてしまいます。

尿が出なければ、尿と共に体外へ排出されるはずの毒素が身体に溜まり、大変危険な状態になります。

前立腺肥大は高齢の男性に見られやすい症状です。

また、抗コリン薬-2であっても、同じ傾向の副作用が出る可能性があります。薬は必ずしも万人に一定の効果が現れるわけではありません。

狙った効果と安全性があがっているとはいえ、身体に違和感を感じたら、ほかの薬に変えたりするなど、なんらかの対処が必要です。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー