トップ> 頻尿ガイド > 頻尿こそ東洋医学

頻尿こそ東洋医学

頻尿の原因は本当に様々です。物理的に尿を溜める膀胱が圧迫されている可能性もありますし、膀胱を収縮させる自律神経がうまく働いていない可能性もあります。

精神ストレスが原因になっている可能性も否定できません。

これと言った大きな病気などが見つからない場合、多くの場合、原因は自律失調の一言にまとめられることが多くなります。ときにはどれだけ検査をしても原因がわからないことだってあります。

病院では抗コリン剤を処方されることが多いです。抗コリン剤は副交感神経を抑制することで膀胱の収縮を抑えます。

しかし、抗コリン剤はあくまでほかの病気のために開発された薬で、頻尿については副作用を利用しているに過ぎません。

そのため、薬が効かないと悩む人も少なからずいるといいます。

そういうとき、どうすればいいのか?

多くの人は東洋医学で答えを見つけ出そうと試みているようです。

もともとこうした身体のバランスを追求することを得意としている東洋医学は、個人個人の体調に合わせた、特に自律神経失調症のような症状の診療に向いています。

夜間頻尿に関する東洋医学といえば、漢方薬、それに鍼や灸が有名です。痛みはなくとも、鍼は少し刺激が強すぎるという意見もあります。

お灸は市販されているものもありますから、最初はお灸の先生のもとに通って身体を見てもらい、調子が悪いときに自分でもお灸を据えられるようになると理想的かもしれません。

いずれにしても、症状がある限り、自分の身体と向き合うことが大切です。西洋医学に違和感を持ったときの選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー