トップ> 頻尿ガイド > 糖尿病で起こる頻尿の特徴

糖尿病で起こる頻尿の特徴

糖尿病で起こる頻尿の特徴

一口で頻尿と言っても、その影に潜む原因は人によって様々で、同一線上で片付けることはできません。

もしかしたら思わぬ大病が潜んでいるかもしれません。

おそらく現代人にとって一番身近な頻尿を引き起こす生活習慣病が糖尿病です。

糖尿病は血糖値を下げるインスリンの分泌量が様々な原因で落ち、血糖値が高い状態が続いてしまう症状です。

糖分の多い偏った食生活を続けるとなると言われていますが、先天的な要因も少なからず絡んでいることが多いので、親族に糖尿病の人がいる場合は特に注意が必要です。

糖尿病自体は自覚症状が少ない病気です。どこかが痛むということもないため、糖尿病だとわかっても治療に熱心になれない人がいますが、糖尿病の怖さは進行することで起こる合併症にあります。

血糖値が高いままだと、血液が通る身体の組織が糖と反応して「糖化」していきます。これは組織の劣化であり、事実上、身体が徐々に破壊され、むしばまれていくのと同じなのです。

初期でみられるのは手足のしびれなどの神経障害です。ひどい場合だと足の裏に小さな針が刺さっていても気付けず、そこから壊死を引き起こしたりします。

微細な血管が糖化し、破壊されることで網膜にも悪影響が出て、白内障が起こり、視力障害を招きます。

尿を作る腎臓の毛細血管もダメージを受けて徐々におしっこが出なくなります。そのままだと身体に毒素が溜まって死んでしまうので、機械に血液を通して腎臓の代わりの働きをさせる人工透析という治療が継続的に必要になってきます。

「おや、これでは頻尿どころかおしっこがでなくなってしまっている」と感じるかもしれません。

しかし、糖尿病で起こる頻尿はもっと初期。とは言っても、かなり血糖値が高い状態で起こります。血糖値を下げようと身体が反応し、口の渇きを引き起こすことで起こります。

口の渇きをなんとかしようとして、本来なら体内では足りている水分を過剰に摂取してしまう結果です。なので、多飲と一緒に起こります。

また糖尿病由来の頻尿は、以上のような理由から、トイレにいく回数も多ければ、1回1回の量も多いのが特徴です。

トイレに行きたくなるけど、いざ行くとあまり出ないというような人にはあまり当てはまりませんが、頻尿も夜間頻尿も、糖尿病も早期発見、早期治療、そして生活習慣自体を予防していくことが大事なことは言うまでもありません。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー