トップ> 頻尿ガイド > 精神的な頻尿を治療するには?

精神的な頻尿を治療するには?

精神的な頻尿を治療するには?

精神的な要因が原因なのですから、心の病気を治さなければ神経性の頻尿は治ることがありません。

よく精神的なストレスがあるとお腹が痛くなったり、実際に熱を出してしまう人がいますが、これも神経性頻尿と一緒で精神的な原因で起こっていることです。

ストレスに弱い人間だと言ってしまえばそれまでですが、どちらかというと子供や若い世代の人に多く、心療内科での治療を必要とし同時にストレスを取り除く事も行わなければなりません。

緊張してしまった時に尿意を感じてしまう程度なら頻尿の薬を処方してもらい、膀胱の筋肉の収縮を抑えれば短期間で改善します。

トイレに行きたくなったら直ぐにでも行かなければならない過活動膀胱炎も一種の神経性の頻尿とも言えるでしょう。

また、精神的な要因が強い時には、心療内科の治療と共に、抗うつ剤や精神安定剤などの薬物療法が必要となってきます。

神経性の頻尿は本人はとても悩んでいるのに対し、周りは理解してもらえない事もあります。

泌尿器科でも病気ではないと言われるのですから当然の事です。しかし、周りの人の対処の仕方によっても精神的なストレスが改善できる事もありますから、特に家族は神経性頻尿を理解してあげる事が必要です。

問題があるときには話を聞いてもらうだけでも十分ストレスを改善する効果があります。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー