トップ> 頻尿ガイド > 痒みをともなう夜間頻尿は…

痒みをともなう夜間頻尿は…

痒みをともなう夜間頻尿の原因

夜間頻尿に悩む人の多くは、寝ている間によく原因不明の痒みを感じています。かゆみを感じるのはむずむず脚症候群のように、足が多いようですね。

たとえば、アトピーがひどい子どもは寝ている間に身体をかきむしり、かゆさからくる違和感やストレスで眠りが浅くなり、ひどい場合は眠れなくなります。そうやって体調が悪くなる負のスパイラルに入ってしまいます。

アトピーに悩んだ人なら、爪を無意識に立てないように手袋をしたり、手を縛ったりした経験をした人もいるはずです。

大人になるとアトピーは軽減するものですが、似たようなかゆみで眠りが浅くなり、夜中にトイレに行きたくなるのが、今回取り上げる夜間頻尿の例です。

人間は寝ている間にホルモンを分泌して、尿意を感じないようにしています。しかし、痒みで眠りが浅くなると、覚醒時と同じようにそのホルモン量が低下し、トイレに行きたくなるというわけです。身体を動かすと、余計に目が冴えてしまいます。

かゆみをともなう夜間頻尿は、ひとまずかゆみを改善するのが先決です。しかし、実は、このかゆみも原因がはっきり特定されておらず、遺伝性のもの、鉄分不足によるもの、神経系の障害など、さまざまです。

専門医に相談するのがベストですが、自分でできることといえば、まず神経の働きに必要不可欠な鉄分を意識して摂取すること。鉄に限らず、食生活を整えて、腸の働きをよくすると、免疫系にもいい影響が出ることがわかっているので、身体の内側から健康を意識するといいでしょう。

執拗な足のかゆみの大半は、皮膚の荒れなど、表層的な問題ではありません。そのため、保湿クリームなどで根本的な解決を望める例は少ないでしょう。

多くの場合は神経にかかわっているので、ストレスなどを和らげる治療方法もあるようです。イライラは余計に症状を悪化させるだけですから頻尿の専門医への早めの受診をおすすめします。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー