トップ> 頻尿ガイド > 病気が原因で頻尿になる場合もある

病気が原因で頻尿になる場合もある

病気が原因で頻尿になる場合もある

頻尿の原因には加齢によるものと考えている方が多いようですが、病気である事も少なくありません。

例えば、一度膀胱炎になってしまった人が「またトイレに行きたくなったら」と考える事によって精神的な頻尿を引き起こしている事もあります。

病気としての頻尿の原因では、過活動膀胱炎という病気です。オシッコがしたいという気持ちが起きると早急にトイレに行かなければ済まなくなります。

実際にトイレに行ってみるとそれ程多くオシッコが出るわけではなく自分の意識とは関係なく膀胱が収縮する病気です。

そのほか、頻尿の原因として考えられるのは細菌感染による膀胱炎が原因になっているタイプもあります。

仕事がらトイレにいけない環境でいる人がよくなる病気ですが、オシッコを我慢していると尿道炎など細菌が影響を起こしてしまいます。

膀胱炎は繰り返し起こしやすく女性に多い病気だと言われています。このように頻尿は加齢が原因によるもの以外に病気そのものを起因に頻尿となっているケースも多々あります。

このように夜に尿の回数が多いからと言って自己判断で加齢による夜間頻尿と判断せず、まずは最寄りの泌尿器科に受診し相談することをおすすめします。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー