トップ> 頻尿ガイド > 妊娠による頻尿

妊娠による頻尿

妊娠による頻尿

女性の頻尿には妊娠による影響から起こるものもあります。世間一般ではこちらの方が広く知られているかもしれませんね。

尿漏れパッドの中には子どもを産んだばかりの女性タレントをCMに起用することも多くあります。

子どもができればだれでもなる可能性がありますから、ある意味女性には身近な原因かもしれません。

妊娠による頻尿は、原因がわかっているだけに不安は少ないでしょう。出産までの一過性のものという認識も多いと思われます。

妊娠中は子宮が赤ちゃんを支えるために羊水で満たされます。また、身体の機能も身体にかかる負担も通常と異なるめ、体液の量が増えており、腎機能が高まっています。

ある程度赤ちゃんが大きくなると、今度は大きくなった子宮が膀胱を圧迫するため、溜められる尿の量が少なくなってしまいます。

一般に妊娠4ヶ月頃まではこの圧迫で頻尿症状が出やすく、逆にこれよりも子宮が大きくなってお腹の上部や前へ膨らんでくると症状が軽度になることが多くなります。

しかし、出産が近づくにつれて赤ちゃんが骨盤の方へ降りてくるため、再び頻尿が起こることが多くなります。

妊娠に伴う頻尿は生理現象なので、ある程度は仕方がないこととして対処するしかありません。

夜間の頻尿症状が出る際には、夕方以降の水分摂取量に注意すればいいでしょう。しかし、控えすぎて摂取量が少なくなりすぎるのも問題です。大事な時期ですから、身体には気遣うようにしましょう。

問題が起こるお腹の構造上、排尿前に少し前屈みになっておくと、膀胱に尿が残りにくいと言われています。気になる場合は試してみては?

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー