トップ> 頻尿ガイド > 夜間頻尿(睡眠不足から集中力が続かない…)

夜間頻尿(睡眠不足から集中力が続かない…)

夜間頻尿(睡眠不足から集中力が続かない…)

夜間頻尿は、加齢とともに多くの人が体験することです。眠りについたあとに尿意を感じて起きることがあります。

夜間頻尿はこの頻度が2~3時間に一度、多い人で1時間に一度という人もいます。

しっかりとした睡眠をとることで、次の日の元気と集中力が保たれます。

しかし夜中に何度も起きてトイレに行くと十分な睡眠の効果が得られず、集中力がかけてしまって次の日の業務や家事などにも影響して、いつも眠い状態の人もいます。

夜間頻尿は前立腺の肥大などが原因となる男性の病気と思われている方もいますが、この症状は男女関係なく、加齢とともに現れてきます。

50代、60代の若いうちは、何度かトイレに起きてもそれほど足元が危ないことはないのですが、70代、80代になってからの夜間頻尿は、足元も暗い中を歩くので、転倒しやすい状況を作ってしまいます。

夜間頻尿で、トイレに起きて足を骨折して、そのまま寝たきりになってしまった事例などもあります。気になり始めたら、早めに対処をすることが大切です。

夜間頻尿に関するお薬やサプリメントも多く出ています。漢方処方のお薬やサプリメントは長く飲み続けることで緩やかに効くものが多く、ゆっくり治して行きたい人に向いています。

仕事に支障がでるので、早く治したい人には、泌尿器科での受診をして医師からの処方薬で対処する方法もあります。

泌尿器科ということで、悩む方もいますが、尿検査と問診で薬を処方してくれることが多いので、恥ずかしがらずに早めの相談をすることが大切です。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー