トップ> 頻尿ガイド > 夜間頻尿の対策と原因

夜間頻尿の対策と原因

ウォーキングで頻尿予防

快適な睡眠は、健康的な生活には欠かせないものといえます。そのために、安眠できる寝具を利用しているという人も多いのではないでしょうか?

そんな安眠を妨げるものの中に、夜間頻尿があげられます。夜間頻尿とは、就寝後朝起きるまでに何度も尿意を感じ、トイレに立つことです。

夜間頻尿の症状がある人は、ついさっきトイレで用を足したにもかかわらず夜間に尿意を感じると、我慢できずもらしてしまうのではないか、膀胱炎になってしまうのではないかと不安になり、トイレに行く人が多いようです。

夜間頻尿は年齢を重ねて骨盤内の括約筋が衰えることで起こるといわれており、括約筋を鍛えることで、夜間頻尿を改善することができます。

括約筋を鍛える方法として、括約筋を日ごろから引き締める意識をすると良いといわれています。立っているときには、お尻を引き締めて、括約筋をきゅっと引き締める意識をします。

また、排尿の際には尿を途中で止める練習をするのも効果的だといわれています。括約筋を鍛えるためには、適度な運動も効果的です。ウォーキングや社交ダンスなど、体に負担をかけすぎない運動であれば、高齢の方でも無理なく続けやすいと思います。

夜間頻尿はなかなか人に相談できない悩みです。自分で改善できる方法を試していきましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー