トップ> 頻尿ガイド > 夜間頻尿の原因とは何か?

夜間頻尿の原因とは何か?

夜間頻尿は夜間に尿の量が多くなる事、膀胱の機能低下、睡眠障害などが原因で夜間にトイレに何度も起きてしまうと言った症状が見られます。

夜間にトイレに起きる事は身体的、精神的に負担をもたらし、日常生活に悪影響となります。適切な治療を行うためにも受診をして自らの夜間頻尿の原因は何か知る事が大切です。

まず尿の量が夜間に多くなる事ですが、これは糖尿病、水分の過剰摂取、心臓疾患などが原因となり命に関わるような重大な病気が隠されている可能性があります。

医師の診察を受けずに単純に水分の量を減らしてみたり、放置して置く事は大変危険です。

膀胱の機能低下の原因はパーキンソン病や脳卒中などにより膀胱の収縮力が弱ってしまう事です。収縮力が弱る事は膀胱に溜めておくことが出来る量が少なくなるという事で、すぐにトイレに行きたくなってしまいます。

この場合にも必ず医師の診察を受けて指示に従う事が大切です。

睡眠障害については精神疾患、睡眠時無呼吸症候群などが原因で適切な睡眠がとれない場合に発生します。

睡眠障害で疲れが取れずうつ病等の悪化にもつながる恐れがありますので状態に合った治療を受ける必要があります。

このように夜間頻尿は医師の診察が必要な様々な病気が原因で発症するものです。診察により原因を見出し、薬物治療などを受ける事で改善につながっていきますので積極的に診察を受ける事が大切です。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー