トップ> 頻尿ガイド > 夜間頻尿と昼間頻尿の関係性は?

夜間頻尿と昼間頻尿の関係性は?

夜間頻尿と昼間頻尿の関係性は?

夜間頻尿の原因は加齢が大きな要因のひとつです。通常は夜は排尿の回数を自然と減らし、寝ている時間にはまったくトイレに行かないか、行っても1回程度となっています。

水分を多くとりすぎた時にはトイレに起きる事は自然な事となっています。加齢による原因では腎臓の機能の衰えが考えられます。

他にもホルモンの異常が原因などからだの機能が衰えてしまうからです。

何か病気がある場合にはきちんと治療を受ける事が大切となってきます。年齢的なものが予想できる場合には、ただの頻尿と思わずに診察を受ける事が大切です。

夜間頻尿が起こっている場合には、昼間も頻尿になっているケースが多いようです。

男性の場合では前立腺の問題が原因になっており、女性の場合では月経によるものや冷え・膀胱炎や精神的なものも多くなっています。

夜中に何度もトイレに行く事が多くなってきた場合には、昼間もトイレの回数が多くなっていないかチェックしてみて下さい。

夜寝る前に水分を多くとっている人も夜間の頻尿が起こってしまいます。

眠れないからといってアルコールに頼っている場合では、水分が多いこととアルコールの利尿作用によって夜間頻尿がおこります。

また、他にもコーヒーなど利尿作用がある飲み物をのむと何度もトイレに行く事もありますのでそういった場合を除き、

夜間の排尿回数を日記、メモなどで取り残した上で泌尿器科に受診し診断を仰ぐと医師の診断も早く正確で、病院に何度も行く手間を省くことができるのでおすすめです。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー