トップ> 頻尿ガイド > 出産を経験した女性の多くは頻尿症状を経験

出産を経験した女性の多くは頻尿症状を経験

頻尿というとお年寄りの症状という印象が先行するのですが、女性にはもっと身近かもしれません。

出産を経験した女性の多くは頻尿症状を経験しています。これは出産により尿道を締めている骨盤底筋に過剰な負荷がかかり壊れてしまうからです。

「壊れる」という表現は少し言いすぎのように感じるかもしれません。でも経産婦であれば納得できるところもあるのではないでしょうか?

考えてもみてください。赤ちゃんが体内から出てくるのです。妊娠中は絶えず骨盤底筋に負荷がかかっているのに、さらに出産で大打撃。筋肉どころか骨格さえも変わってしまうほど大ごとなのです。

出産後の頻尿はたいていの場合、時間の経過と共に症状が改善します。

しかし、中には例外もあります。

特に近年出産する女性の高齢化が進んでおり、産後の身体の戻りが遅くなる傾向にあります。また、負荷に耐えきれず症状が深刻化する可能性も多くなっています。

それでなくても出産後、どれだけ時間が経っても妊娠前の通りには戻らないものが数多くあります。腰回りの骨格の変化もよく見られるもののひとつです。

出産後、あまりにも骨盤底筋が弱まってしまった場合、内臓を支える力が無くなり、膣内から本来骨盤内にあるべき内臓が出てきてしまう骨盤臓器脱が起こる可能性があります。

頻尿や重度の尿失禁を伴ったり、逆に排尿が難しくなったり、便意を感じるのに排便ができなくなったり、絶えず下腹部に違和感を感じるようになります。

ひどい場合は歩行さえままなりません。

普段内臓を支えている骨盤底筋が以下に大事かがわかりますね。

こうした変化は、出産がいかに大変かという話で片付けられ、なかなか専門的に取り上げられることがありません。

特に日本は欧米に比べて性質上婦人科の医療が遅れがちなので、専門家を探すのも一苦労ということもあります。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー