トップ> 頻尿ガイド > 冷え性と頻尿

冷え性と頻尿

頻尿はもうちょっと年をとってからの悩みだと考えている女性は多いようです。場合によっては、頻尿は前立腺肥大による男性の病気という認識の人も多そうですね。

最近は若い女性でも頻尿の症状を抱えることが増えています。その原因はなんなのでしょうか?

その前に、ただぼんやりと、頻繁にトイレにいくことを頻尿と考えている人が多そうなので、頻尿の定義を紹介しましょう。

普通の人の排尿は、だいたい1日に8回くらいまで。それが1日に10回もトイレにいく必要に迫られたり、2時間排尿を我慢できないのは頻尿と言えます。また、夜間に2回以上尿意で目が覚める場合は夜間頻尿になります。

一番身近な頻尿の原因は、女性に多い冷え性です。冷え性は最近特に注目されるようになっていて、そのため、生姜が女性の間で大ブームになっていたりしますよね。女性とは切っても切れないよく知られた障害です。

冷え性は実際に身体が冷えているかどうかではなく、ホルモンバランスなどの崩れなどで起こる自律神経の乱れで、手足が冷えている感覚に襲われるものです。一番顕著な症状が血流の低下であり、血の巡りが悪くなることで、様々な身体の不調を呼び起こします。

そして、そのひとつが頻尿というわけです。具体的には冷え性で起こる腰まわりの筋肉の凝りや、便秘などが、膀胱の圧迫や尿道の拡張を引き起こし、トイレが近いという体質を作り出すと言われています。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー