トップ> 頻尿ガイド > ストレスや緊張から起こる神経性頻尿

ストレスや緊張から起こる神経性頻尿

ストレスや緊張から起こる神経性頻尿

神経性の頻尿があります。誰でも緊張した時にはトイレに行きたいと感じた経験はあることでしょう。

多くの人の前でスピーチをしなければならない時、受験の前など強いストレスを感じている時には、通常の尿意とは異なり神経性の尿意が起こってしまいます。

神経性の頻尿になるのはやはり精神的な要因が大きく、緊張やストレスでトイレに行きたくなった経験を持った人が、何らかの失敗をしてしまった時には、緊張=尿意となってしまうことがあります。

緊張してしまう事自体がストレスとなりますが、必要以上に恐怖心を抱き、また失敗してしまうのではないかという気持ちが出てきてしまいます。

ひどい場合には1時間ごとにトイレに行かなければならない事もあり、本人も精神的にダメージが大きいと思います。

強いストレスを感じている事が既にダメージとなっているにも関わらず、トイレに頻繁に行くと言うストレスも合わさりどんどん悪化してしまうケースもあります。

神経性の頻尿は病院で検査してみても異常が見当たらない事が多く、泌尿器科の医師も「異常は無いから気にしない方が良い」というだけの事もありますが、

改善が思わしくない場合はセカンドオピニオンも含め他泌尿器科や心療内科も含め再度受信して相談してみましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー