トップ> 頻尿ガイド > 頻尿と漢方薬

頻尿と漢方薬

頻尿や残尿感などが気になるけれど強い薬は使いたくないという方漢方薬という選択肢もあります。漢方薬は生薬を混合して作ったおくすりです。

精製された西洋薬とは効き目も異なりますし病気に対するアプローチも違っています。西洋薬は頭痛なら痛みの伝達をブロックするというようにピンポイントで症状を緩和させます。

頻尿は漢方医学ではこう診る
出典引用:頻尿・尿漏れ|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト

漢方薬は体質や全身の様子から症状緩和の糸口に迫ります。病気には至っていないけれど不快という「未病」と呼ばれる状態でも漢方薬は活躍します。

腎臓や膀胱に病気はないのになぜか頻尿があるという方もいます。その背後には下半身のむくみや過活動膀胱・前立腺肥大症や子宮内膜症などさまざまな要因が潜んでいると言われています。

また原因がわからないのに頻尿が起きているという方もたくさんいます。頻尿は尿漏れをともなうこともあります。

また寝ている間に何度も起きなければならない夜間頻尿は寝不足による体調不良を引き起こします。暗闇の中でトイレにいくため転倒による怪我の原因にもなります。

頻尿は大きな病気の予兆の場合もありますしそうでなくても大きく生活の質を低下させる困った症状です。

そこで原因がわからない頻尿や前立腺肥大症・下半身のむくみといった症状からくる頻尿に漢方薬でアプローチする方もいます。

夜間頻尿
出典引用:頻尿 夜間頻尿 心因性頻尿の漢方薬 漢方相談 大阪市中村漢方堂薬品店

八味地黄丸や牛車腎気丸といった漢方薬は頻尿や排尿障害をもつ方に処方される代表的なおくすりです。漢方薬は全身の状態をきちんと把握した専門医の診察のもとで処方されてこそ真の威力を発揮します。

自分の判断で飲むのではなく必ず専門医に相談しましょう。漢方薬は副作用がないという方もいますが効能がある以上副作用がまったくないということはありません。

サプリメント感覚で使うのではなく全身の体調・体質から気になる症状にアプローチするおくすりという意識で利用しましょう。

また漢方薬の中には厚労省から認可されている処方がたくさんあります。医師に処方してもらう場合は保険が利くことも多いので体に優しいゆるやかな効き目を求める方は相談してみましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー