トップ> 頻尿ガイド > 頻尿の原因(ストレス)

頻尿の原因(ストレス)

頻尿の原因はさまざまです。若い世代の頻尿には、ストレスが関係していることもたくさんあります。頻尿は加齢によっても起きる症状です。

神経性頻尿とは
出典引用:med.taiho|バップフォー|いろいろ疾患別 解説|下部尿路機能障害に関する疾患解説|神経性頻尿とは

加齢によって骨盤底筋がゆるんだり、男性では前立腺肥大症が起きたりすると頻尿の症状が出ることがあります。また心臓・腎臓の不調や脳・神経の病気・下半身のむくみなどいろいろなことが原因で頻尿は起こります。

でも中には内科的な病気やはっきりとした原因がないのに、頻尿が起きることもあります。そんな時はストレスなど心因性の原因が疑われます。

頻尿を引き起こす病気のひとつに過活動膀胱というものがありますが、これも原因不明の場合が多く心因性が疑われることもあります。

神経性頻尿
出典引用:職場のストレス解消法 Mental Gym

過活動膀胱は、本来尿意を感じるほどの尿が溜まっていないのに、膀胱が勝手に収縮を始めてしまう病気です。

ほんの少ししか尿が溜まっていないのに、突然激しい尿意に襲われることもあります。間に合わないと焦り、実際に間に合わず多少尿漏れを起こしてしまうこともあります。

20代でも起きる病気で、何も病気が無い場合はストレスが原因になっていることもあります。思い当たる方も多いのではないでしょうか?

ストレスによる頻尿は大人だけのものではありません。子供にも起こります。トイレトレーニングが終了しおむつが外れた子供が幼稚園や学校・家庭のストレスで頻尿や夜尿になることも少なくありません。

まずは病気が潜んでいないかを専門医で調べてみましょう。ストレスが原因と判ったら心療内科や子どもの夜尿外来に相談してみましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー