トップ> 頻尿ガイド > 男性の頻尿の原因(50~70歳)

男性の頻尿の原因(50~70歳)

年齢とともに、頻尿や尿漏れに悩まされる人が増えてきます。特に50~70代の男性には、いろいろな要因で頻尿や尿漏れが起きます。

たかが頻尿とあなどることはできません。その裏には怖い病気が潜んでいることもありますし、頻尿が進めば睡眠不足や外出困難などを引き起こして生活の質の低下にもつながります。

頻尿は男女ともに起こりますが、その原因は異なります。男性の頻尿の原因で多いものが、前立腺肥大症です。前立腺肥大症は加齢による男性ホルモンの影響で起きる病気で、そのために尿道が圧迫されて頻尿や尿漏れを引き起こします。

悪化すると治療が必要ですが、初期なら生活指導だけで頻尿が軽減することもあります。また前立腺肥大症だろうと放置しておくと、前立腺がんにかかっていることもあります。

素人に見分けることはできませんし、前立腺がんでも頻尿や尿漏れが起きます。欧米人に多いと言われていましたが近年では日本でも増えつつあります。

初期症状のない沈黙の病なので、気付いた時には進行している場合も多いのです。ある程度の年齢になったら定期検診を受けましょう。

また男性に限らず起きるのが過活動膀胱という症状です。男女ともに起きる頻尿で、尿が十分溜まっていないのに膀胱が勝手に排尿を始めてしまう状態です。

突然我慢できないほどトイレに行きたくなり、結果漏れてしまうこともあります。原因はまだはっきりとわかっていませんが悩んでいる中高年男性はたくさんいます。

他にも心臓や腎臓の機能低下や糖尿病などの内分泌疾患によっても、頻尿は起こります。高血圧剤を服用しているときや利尿剤を処方されたとき、利尿作用のあるお茶やコーヒーを飲んだ時もトイレに行きたくなるものです。

頻尿を感じたら前立腺がんや腎疾患など怖い病気の場合もあるので放置せず早めに治療を受けるようにしましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー