トップ> 頻尿ガイド > 夜間頻尿(みんなの家庭の医学ビートたけし)

夜間頻尿(みんなの家庭の医学ビートたけし)

みなさんはたけしの家庭の医学で紹介された夜間頻尿を改善する方法をご覧になりましたか。夜間頻尿とは夜寝ている間にトイレに行きたくなってしまうことです。

私たちの体は寝ている間に抗利尿ホルモンという特殊なホルモンが分泌されます。トイレが遠くなり尿意よりも睡眠を優先するようになっています。

takeshikateinoigaku1
出典引用:長引く治らない症状 本当の原因をもう1度探ります! ~ 名医のセカンドオピニオンスペシャル 第4弾 ~ | 番組内容 | コミコミクリニック みんなの家庭の医学

こうしたバイオリズムのお蔭で私たちは朝までトイレに起きずゆっくりと眠ることができるのです。しかし夜間頻尿と呼ばれる状態になると寝ている間もトイレに行きたくなってしまいます。

その結果何度も起きることになり睡眠不足に陥ります。また寝ぼけた状態で暗闇の中トイレに行くため転倒や階段からの転落といった事故や怪我も増えてしまいます。

生活の質を低下させる怖い症状として注目が集まっているのです。ではなぜ夜間頻尿になってしまうのでしょう。

私たちの体内の水分量は血液量によって心臓がチェックしています。体内にたくさん水分があると心臓に負荷がかかるため尿を作って体外に排出するよう指令が出ます。そこに夜間頻尿のポイントがあったのです。

夜間頻尿の原因のひとつは足のむくみと言われています。足のむくみの正体は水分です。昼間の立ち仕事などで下半身にたまった水分は夜横になることで上半身に戻り心臓に押し寄せます。

簡単にできる“膀胱訓練”で頻尿対策!
出典引用:簡単にできる"膀胱訓練"で頻尿対策! | 名医のコラム | コミコミクリニック みんなの家庭の医学

心臓は急に増えた水分を感知し夜中にも関わらず「尿を作れ外に出せ」という指令を出してしまいます。それが夜間頻尿の原因です。

そこでたけしの家庭の医学では就寝の4時間以上前に入浴することを提案しました。入浴すると湯船の水圧で足のむくみが解消されます。

足に溜まった水分を心臓が感知し就寝前にしっかり尿が作られて排出されるのです。心臓が水分量を感知して尿が出るまで3時間前後かかるため4時間以上前の入浴がオススメということです。

足の冷えやむくみにともなう夜間頻尿にお困りの方たけしの家庭の医学で紹介された入浴方法を試してみてはいかがでしょうか。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー