トップ> 頻尿ガイド > 夜間頻尿(ためしてガッテン)

夜間頻尿(ためしてガッテン)

NHKの人気番組ためしてガッテンで夜間頻尿の危険性が紹介されました。頻尿はトイレに行きたくなる回数が増えることです。

年齢が高くなるにつれて頻尿になる可能性も高まり現在多くの日本人が頻尿に悩まされていると言われています。

また近年では20代30代という若い世代も頻尿に悩んでいるという調査結果が出ています。ではどうして若い世代が頻尿になってしまうのでしょうか。

「おしっこが近い」に潜む危険 なんと心臓がピンチ!?
出典引用:「おしっこが近い」に潜む危険 なんと心臓がピンチ!? : ためしてガッテン - NHK

頻尿の原因はいろいろあります。特に多いのは男性の前立腺肥大症や女性の膀胱炎といった病気にまつわる頻尿でしょう。

また糖尿病によって喉の渇きと並行して頻尿になる人もいます。さらには原因がわからないことも多い過活動膀胱という病気に悩む人も増えています。

膀胱が敏感に反応してたくさん尿が溜まっていないうちから強烈な尿意に襲われるというものです。そういった頻尿の場合は昼夜問わずトイレに行きたくなることが多いようです。

夜はあまり頻度が高くないことも多いのですが1度・2度であっても安眠が妨げられるため困ったものですよね。でもためしてガッテンで紹介された危険な頻尿は夜間だけに増える頻尿なのです。

その原因となっているのは心不全です。隠れ心不全と呼ばれる心臓の不調によって頻尿が起きるケースがあるのです。

心不全になって心臓のポンプ機能が低下すると下半身に水分がたまってむくみやすくなります。でも夜になって横になると足元に溜まった水分が一気に上半身にも流れ込みます。

排尿日誌
出典引用:「おしっこが近い」に潜む危険 なんと心臓がピンチ!? : ためしてガッテン - NHK

心臓には血液量をチェックしてポンプの負担を調整するための全身水分量センサーがついています。下半身に溜まった水分が上半身に流れ込むとこのセンサーが働いて「心臓に負担をかけないために尿をたくさん作れ」という命令が出されるのです。

通常寝ている時は抗利尿ホルモンというホルモンが心臓から出るため尿意が起こらず朝までぐっすり眠ることができます。

でも心臓が弱っていると負担を減らそうと夜間にたくさん尿を出すようになります。これが心不全による夜間頻尿のひみつです。

おかしいなと思ったら早めに泌尿器科など尿の専門家に相談するようにしましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー