トップ> 頻尿ガイド > 頻尿と心臓病の関係

頻尿と心臓病の関係

最近頻尿気味なんだけれど年のせいかしらという話を耳にすることがあります。確かに頻尿は加齢によっても起こります。

頻尿は多くの日本人にとって悩みの種となっている症状です。実際は頻尿の原因になるのは加齢だけではなくいろいろな要因で起こります。

たとえば年配男性に多い前立腺肥大症でも尿道が圧迫されるので頻尿が起きます。女性に多いと言われる膀胱炎でも頻尿になることがあります。

さらに出産や加齢によって骨盤の底にある骨盤底筋という筋肉がゆるむことで頻尿が起きることがあります。また老若男女関係なく起きる過活動膀胱という病気もあります。

原因が不明なことも多い病気で尿があまり溜まっていないのに急激な強い尿意に襲われるという症状をともないます。

頻尿になると昼間だけでなく夜寝ている間もトイレに行きたくなることがあるため睡眠不足に悩まされる人もいます。

人によっては夜だけ頻尿の症状が出ることもあります。昼は普通なのに夜就寝中にトイレの回数が増えたという場合もしかしたら心臓に異変が起きている兆候かもしれません。

頻尿と心臓病
出典引用:「おしっこが近い」に潜む危険 なんと心臓がピンチ!? : ためしてガッテン - NHK

大人になると夜は尿が作られる量を減らすよう体内で調整が行われます。夜は抗利尿ホルモンというトイレが遠くなるホルモンが分泌されるため尿意よりも睡眠が優先されるようになっているのです。

しかし心不全が起きていると抗利尿ホルモンが分泌されなくなります。抗利尿ホルモンは心臓が分泌するホルモンです。

心臓には全身の水分量をサーチするセンサーがついています。心臓が心不全などで弱っているとき血液量が多いと心臓に負担がかかります。

そこで心臓が抗利尿ホルモンではなく利尿ホルモンを分泌してたくさん尿を出して血液量の調整を行っていると考えられているのです。

なぜ夜間に尿が増えるのでしょうか。心臓が弱っていると下半身に水分が溜まってむくむやすくなるからと言われています。

横になると下半身に溜まった水分が上半身に流れ込み心臓のセンサーが働いて「尿をたくさんつくって外に水分を出しなさい」という指示を出していると考えられているのです。

夜間頻尿が気になったらすぐにお医者さんに相談しましょう。

↓タップするとメニューが開きます↓
頻尿サプリの商品・情報メニュー